XRIE本格始動により旧版S&I SPACEは定期的にログインされていない場合広告が表示されます
[PR] 広告主様募集


「陰と陽」の二種の「気」が交合する時に強弱のエネルギーが生まれます。
その強弱のエネルギーは
「五つの元素」に分散され、
五つの気「五気」を作り出すのです。
それが木気・火気・土気・金気・水気です。
即ち、
地球が太陽を中心として自転と公転することで冷却(陰)と加熱(陽)が繰り返される時の陰と陽が生み出す強弱

・陽(加熱)の勢力が徐々に増して行く状態を「木気」
・陽の勢力が最も強い状態が「火気」
・陰の(冷却)勢力が徐々に増す状態が「金気」
・陰の勢力が最も強い状態が「水気」
・地球自体から発生する気を「土気」

この循環を示したものが五行の思想の原点です。五つの元素はそれぞれが特有の性質を持っており、性質の異なる気と気が、互いに和合したりぶつかりあい万物を生成し消滅すると考えます。

「五行」の「五」は
「五つの気」であり「元素」です。
「五行」の「行」は めぐるという意で、
五つの気が天と地の間をめぐる現象を「五行」といいます。

天地にある形ある一切の万物、形質はこの五元素「五気」により成り立ち、
宇宙を循環し移行し進展すると考えます。

性質の異なる五気五行が和合したり対立したりする関係を「五行の相生・相剋」といい、五気五行を九つの異なる性質に配分したのが「九性」即ち「九星」であります。


古来中国の先人達は、陰陽論と五行説を結びつけました。

陰陽論を拡げて行くと
五行説に通じ、
五行説を辿って行くと
陰陽論に通じた為です。

陰陽五行説は、古代の物理学であり、また人間道徳の原理であり、神学でもあります。
故に、あらゆる分野へと拡がってゆきます。

占術はもちろん、天文暦、医術、政治、軍学、文学、芸術に至るまで、全て陰陽五行説に関連しないものは一つもないのです。








東洋占星術鑑定士 (hanabusa)英Ψ
《戻》