XRIE本格始動により旧版S&I SPACEは定期的にログインされていない場合広告が表示されます
[PR] 広告主様募集

   

現実世界の一切の存在物は
「気」から成り立っており、
「気」は存在物を構成する究極の原始的要素と考えます。
「気」は万物のエネルギーであり、宇宙に編万している「気」が絶えず凝集と拡散を繰り返し、流動することで万物万事の生成、変化、消滅が現象化するという思想を古来中国の先人達は考えました。

また人間や動植物、あらゆる生命体も「気」の集合と考えます。
「気」は生命の根源であり
その内なる純粋な気を精気といいます。
精気が体内を不断に流動し循環する事で体の機能が働き生命が維持されるのです。
よく覇気がないとか精気が戻ったとか使いますが、
この覇気が「気」であり精気が「気」なのです。気の概念には
「人間の気」
「自然の気」
「原理としての気」に分けられ
「原理としての気」の中に
「陰陽論」「五行説」があります。
陰陽論
五行説
陰陽五行説





東洋占星術鑑定士 (hanabusa)英Ψ
《戻》